人気ブログランキング |

マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

それでもしつこく”携帯電話とゲームの弊害PartⅣ”(笑)♪

ゲームが大嫌いな人のブログ見たいですが、何を隠そう、わたくしはゲームが大好きで、好きと言うよりむしろこれに溺れるタイプです。18歳のころ初めてスーパーマリオブラザーズのTVゲームを手にして、大学生で時間がたっぷりあったので、はまりまくりました。テトリスにおいては、ぶっ続けで八時間も貪り遊び、目を痛めて眼科受診したほどアホです。だからゲームの面白味を知らないわけではありません。

唯言える事は、自分がゲームと出会ったのが18歳以降で良かったということです。本当にラッキーでした。もしこれより後に生れ、親が放任主義で、好きなだけゲームできる状態に在れば、中年のわたくしは今でもゲームをしてバカな姿を子どもたちにさらしていたかもしれません。

脳の大変柔らかい段階で、ゲームの映像よりはるかに美しい絵を、たくさん観に行く機会をもっていた事や、質の良い音楽のライブにたくさん足を運んでいたおかげで、ゲームにはすぐに飽きてしまいましたし、それより当時はとても元気のよいナイスガイが沢山いて、デートに忙しかったからです。ゲームに汚染される以前の男子は、草食系ではなく、デートの企画力にも優れ、いろんな場所へ案内してくれましたし、感情表現に長けていましたから、ラブレターなどもそれは文才豊かで、女心を十二分に楽しませてくれましたね。先日実家に帰った時にこれらが出て来て、読み返してみると、ああ、携帯電話がこの頃に無くて良かったと思ったものです。その都度思いついた事を、細切れに発信する携帯電話メールとは違って、何時間もかかって丁寧に綴られた想いは、今読んでもこちらにジンジンと伝わってくるし、こんなものをもらってはそれは女性も、自らを高めたいと精進することでしょう。ねかせて発酵すると、美味しいものが出来上がるのだということは、食べ物だけではないんですね。

今も、もちろんいい時代なのでしょうが、携帯電話やゲームが普及する前の男女関係にはいろいろと障害があって、例えば連絡を取り合うにも、下宿生ならば赤電話から、彼女に通信しなけなければならなかったり、彼女は彼女で親に聞こえぬよう、約束した時間に電話前に待機し、呼び鈴が鳴るかならない前に受話器を掴みとるような緊張感がありました。その事が互いの興奮を益々かきたて恋は燃え上がったものなのです。陰でこそこそ付き合いづらいため、互いにある程度の責任は覚悟して付き合ったもので、その事が、真剣な交際に発展させたりもしたのでしょう。

この繋がりの豊かさを知った者は、援助交際やネット交際などあほらしくて決してできない人間に育つものです。丁寧な付き合いは、人との関係を深く強くするし、寂しさや虚しさを感じることすら知らない生き方を導いてくれるものです。

簡単なものはいとも簡単に消えてしまう。不自由さを敢えて選ぶ生き方が、豊かだったりする事を、次世代に伝えていければいいですね。
by kaori40712007 | 2012-05-15 07:03 | 育児・教育 | Comments(0)
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite