マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

介護への助走

e0233614_16185559.jpg




父が亡くなり妹と二人で暮らす母。

父が生前は二人の世界に没頭していたため友人が皆無の母。

無口な妹ともほとんど話さないため、たまに電話すると、口が固まってあまり

上手に話せないような状態になっている。




毎日電話するとよいのだろうが、もともと反りが合わない母娘だったため、

電話の後にとても疲れ、それはお互いなのだろうけれど、後味悪く、ついつい

次の電話まで間があいてしまう。



自分を産み育ててくれた人なのだから愛さないとと頑張るのだがなかなか難しい。

親友の言葉に重荷が下りた。



「愛する努力なんてしたら疲れるからそんな無理なんてしなくていいのよ。

娘としてすべきことをお母様にして差し上げたらよいのよ。」



それ以来、定期的に娘を連れて、訪問し、たくさん話をして笑顔をプレゼントするようにしている。

年老いて、小さくなっていく母を観るのは辛いものだ。誇り高い人だっただけになおさらだ。

対人関係は合わせ鏡。こちらが笑顔を向けると必ず同じ顔が返って来る。

反発する時期は過ぎた。たくさん笑顔を向けて、やがて介護が始まるときには、いままでの

蟠りも溶かして、向き合えるようにしておきたいものだ。



今年は母の家の梅の花が今までのどの年よりも美しく咲いた。

父がそこにいるような気配がした。
[PR]
# by kaori40712007 | 2011-03-14 16:29 | 家族 | Comments(2)

お肌ツルツル、髪は艶々♪

e0233614_7214684.jpg




大好きなスポーツジムが5周年を迎える。

コーチのご実家から石臼を調達しての「餅つき」。

笑い声が響く。

「東日本の人たちに持っていってあげたいね。」とこぼす会員たち。

通りすがりの子どもたちが「搗かせて!」と懇願する。

優しいコーチは、どうぞと笑顔で応える。



e0233614_7275956.jpg




5年前通い始めたころの健康状態は最悪だった。腰痛、気管支炎が持病、年に数回はダウンしていた。

1日に一度は血管を血がドーッと流れ、毛穴から汗がほとばしる習慣をつけると、人体は素晴らしく

元気になる。汗は尿の6倍の毒素を体内から排出すると聞く。適度な有酸素運動と筋肉トレーニングを

バランス良く行うと、姿勢もよくなり、毛艶や肌の潤いが如実に出る。



ジムに通わなくても、深呼吸しながら速足で歩く、仕事の合間に伸びをしたり肩を回すなどのストレッチを

行う様にするだけでも、随分と身体は元気を取り戻す。この間、仲間と笑いながら会話を楽しむと

なお効果があること間違いなし。


Zumbaを踊って、汗を流した後に頂いたお餅はことのほか美味しかった。


e0233614_7212617.jpg

[PR]
# by kaori40712007 | 2011-03-14 07:58 | スポーツジム | Comments(4)

大地よ、海よ。

e0233614_18212813.jpg



人間たちが、地球を大切に扱わないから、怒っているのだよ。

赤い血潮を滾らせて・・・。



文明社会は、もう、散々あなたをいじめてきたけど、その上懇願するのは虫が良い話だけれど、

どうぞ、これ以上、暴れないで。



母なる大地よ、豊かな海よ、被災した人たちをどうぞ救ってください。



我儘ばかりしてきた人間たちだけれども、中にはとても美しい人たちがいて、

その人たちはこんな運命に飲み込まれるべきではない。




被災地に遠いとか近いとかではなくて、出来る事その人々にあるはず。

今は、現場で救助作業できる能力のない人間は、せめて控える努力を。

無駄に通信しないこと。

無駄にエネルギーを消費しないこと。

タイムリーに援助できるよう備えること、たくさんあるはず。




阪神大震災で一度死んだと思っている人生。

恐怖と緊張で痛みは感じなかった。

あのとき一番欲しかったものは、「水」「毛布」「医療」「排泄物をくるむおむつやペットシート」

「足を怪我しないための靴」。



そして、人の暖かさ、優しさだった。



非常事態に人はすごい力が出るもの。被災者も救済者も。



今すぐに救済できない人でも、二次的な段階で驚異的威力を発揮する「お金」を

寄付することもできる。被災してしばらくたってからの助成金には涙が出た。

緊張が解け始めてホッとしたときにどれほどありがたかったかしれない。



赤十字によると、今は血液の供給も安定しているとのこと。全国でフル稼働している

献血ルームに人々の善意が集まっていることが嬉しい。だた血液製剤には有効期限が

あるので、集中献血よりも継続的な献血が必要だとか。



物資提供もときには救済作業の妨げになるときがあると聞く。情報をよく収受し、

真の援助が出来ますように。



それぞれが、今自分が何をすべきかよく考えることだ。
[PR]
# by kaori40712007 | 2011-03-13 18:53 | 自然 | Comments(0)

delicious woman

e0233614_911078.jpg



慌ただしく日々が過ぎていく中でも、必ず飾るお雛様。

昔から、桃の節句を過ぎて、いつまでも飾っていると、娘が嫁に行き遅れると言われ、

それは困ると、早々に片付ける。


亡き父が長女の初の節句に買い求めてくれた有職雛。

よく娘の頃言われた。



「女はいつになっても『可愛らしさ』が無かったらあかん。」

「いつも本物だけを身につけていなさい。宝石も、恋も友情も仕事も何もかも。」


そんな気持ちでこのお雛様を孫たちにも贈ってくれたのかしら?


わたくしが娘たちに願う事は一つ。


「華やかで、美味しい女になってね。」



美味しそうな女性は世の中にたくさんいるけれど、本当に美味しい女性とは、

付き合うほどに味が出て、周りの人を幸せにできる女性。

見た目も味もとびきりの女性に育ってほしいな。
[PR]
# by kaori40712007 | 2011-03-11 15:53 | イイ女シリーズ | Comments(4)

白銀の世界


まっさらな雪の上を歩くのが好き。

フカフカの綿の絨毯を踏みしめながらゆっくり歩く。



e0233614_21173061.jpg

[PR]
# by kaori40712007 | 2011-02-11 21:19 | | Comments(18)
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite