マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

紫陽花とカタツムリ♪

e0233614_18462966.jpg


我が家の庭の紫陽花、もう何年も花をつけず、さりとて枯れもせずだったのが、今年は見事に咲きました。

可愛らしい赤ちゃんカタツムリが、気持ちよさそうに紫陽花の華弁に抱かれています。

あれこれいじりたおして、過剰な水やりや肥料施しで、無理やり咲かせるよりも、そのものの力を信じて、華やかに咲かずとも気長に待った花は、いざ咲いた時には格別に美しい。まるで育児の様だと思います。

そして自分自身も、己の力を信じて、精進し、好機に使命を果たす。生きるというのは誠にシンプルで愉しいことであります。









[PR]
by kaori40712007 | 2014-06-23 08:07 | 育児・教育 | Comments(6)

お仕事が愉しい♪



ひょんなことから始まった書道教室のお仕事、もう、楽しくって仕方ありません。

子どもと接することが苦手だったのが嘘のよう。自らの子育てを通して、子どもの集中力の持続時間や、関心度などが手に取るように分かるようになっていて、書き方教室は忽ち大盛況に。仕事をお受けしてから二カ月の間に、生徒さんの数が倍になり、ギャラも倍に。

私は時間給を貰うくらいなら、ボランティアの方がいいと思っていました。仕事というものは、自己の能力に応じて、報酬が変化する方がやりがいがあるからです。危機感やリスクを伴わない仕事は「替えが利く」のだから、私でなくてもいい仕事。「アナタでないとダメなのよ。」という仕事がしたいのです。昨日より今日、今日より明日へと、ステップアップしていく仕事には、張りがあり、アイデンティティが発揮できるので愉しいのです。お師匠様は、能力に応じて納得のいく報酬を下さるので、そのうちから自己投資し、更にお師匠様や生徒さんに喜んで頂けるスキルを提供したいと思います。

親になって更に思う事は、「我が子に素養を!」と、期待をもって預けてくださるわけですから、そのお子さんに応じて、最大限能力を発揮してもらえるようにするのが仕事と思っています。教室への送迎、毎月の月謝捻出など、親御さんも大変です。家庭では絶対できないサービスの提供をすることが肝心です。それでも、生徒さんによって進歩のスピードは大きく違うので、焦らず間延びせず、メリハリのある指導を心掛けています。初めて鉛筆を持ち、文字に触れる子どもたちに「文字を書くことは愉しい!」と、興味を持ってもらえるよう努力したいです。

姿勢が悪いと長年のうちに、腰痛や内臓疾患の原因になるのと同じで、文字を書くときも、姿勢を正し、キチンと鉛筆をもつのは大切なこと。きっと、書道のみならず、これから生きていくうえでもとても大切な、「姿勢」については、私はとても厳しく、しつこく生徒さん達に声かけします。

お師匠様に、手ほどきを頂きながら、生徒たちに教えるのは、とてもとても勉強になります。しばらく籠りっきりで、筆と戯れており、すっかりブログの更新が滞っておりました。この間もお尋ねくださった方々ありがとうございます。
[PR]
by kaori40712007 | 2014-06-10 09:23 | 仕事 | Comments(4)
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite