マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

高校ダンス世界大会優勝チーム♪




娘が剣道をしているおかげで、いろんな高校にご招待いただき、連日元気をもらっている。
大きな剣道防具袋を抱えて歩いていると、「まあ、私の卒業した中学ね。」と、清楚で可愛い在校生に声をかけられる。オープンスクールのウェルカムダンスを踊ったダンス部のキャプテンだった。

全く予備知識を持たず訪れた学校のダンス部は、高校ダンス世界大会に二年連続優勝しているという。娘と喫茶室に居ると、ダンス部のキャプテンが話に来てくれた。年々部員が増え今年は100人以上の部員をどうやってまとめているか聞いてみた。

「私一人ではできない事でも、部員一人ひとりの持っている個有の能力を引き出し、それをまとめることによって思いもしない力が出たりするのです。キャプテンをするまでは、全くリーダーシップのない、他力本願の人間でした。」と、極めて謙虚。

ロスアンゼルスで開かれた世界大会では、本場アメリカチームを二位三位に圧しての優勝。

可愛らしく華奢な彼女からは、アメリカのヒップホップダンサーの上を行くダンスが想像できない。勝因は?と聞くと、涼しい笑顔で答えてくれた。

「一人一人のダンス能力はアメリカ人が断トツ上。けれど、24人全員の動き、例えば腕を上げた時の角度の一致度は、日本人以上に正確な国民はいないのです。」とのこと。

農耕民族ならではの、協調性の高さが功を奏した事例だな。
それにしてもこのキャプテンの透明感のある美しさはぴか一。
どんな世界でも頂点を極めた人というのは、静かで穏やかだ。

キャプテンは、このダンス部の顧問の先生の凄さについても語ってくれた。
詳しくはこちら♪
    ↓
http://dai.ly/xtzix8
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-31 15:41 | 育児・教育 | Comments(0)

てるおのおっちゃん♪

「てるおのおっちゃん」は母の弟である。

わたしが幼かったころ、九州大学の学生だった「てるおのおっちゃん」が、祖父母の家に帰省すると、私は片時も離れず彼の傍にいた。水泳とサッカーで鍛えた長身で、男前のおっちゃんは、ひょうきんで子ども好きだったため、一緒に居てとても愉しかったからだ。会話には必ず「落ち」があったし、全身使って子どもを抱き上げたり、ひっくり返したり、くすぐったりしてアドレナリン全開で遊ぶ楽しさを教えてくれたのは、ほかでもない「てるおのおっちゃん」だった。近所の高校の校庭の鉄棒で大車輪をして見せてくれたり、芝生の庭でバック転をしたり、宙返りをさせてくれると、天にも昇る気持ちになった。視覚で刺激を与え、それを体感させる事の出来る天才だったな。ギターやウクレレを節くれだった長い指で弾き語りしてくれるおっちゃんの歌は、これ又ひっくり返るほど面白可笑しい替え歌で、岡林信康の「山谷ブルース」や、牧伸二の「あーやんなっちゃった」など、大人になって聞くまでオリジナルを知らなかった。

学生時代から、京都にも九州にもベッピンの彼女がおり(九州の人は後に嫁となる)、祖母や叔母が貧しい下宿生活で困ってはいないかと食料品を持ち京都から九州を訪問すると、お金もちのホステスさんのマンションで大事にされていたとか。

大手鉄鋼会社に入社後は、持ち前の技術力と語学のセンスを買われ、海外勤務が多かった。おっちゃんの奥さんによると、おっちゃんは各地で現地妻を娶り、その様子を奥さんに面白おかしく語ったそうな。奥さんも目を細めてその話を私にする事に、年頃の私はたいそう驚いたが、おっちゃんを軽蔑したり嫌な感じは受けず、本当に奔放な人なんだなと笑えた。

真面目な真面目な家系にどうしておっちゃんの様な人がいるのか皆はとても不思議がったが、私はおっちゃんのなんともいえぬ魅力にとても惹かれていた。

就職した後も、祖父のタバコをプカプカふかしているので、「おっちゃん、お祖父ちゃんにタバコくださいって言ってから吸うものよ。」というと、「親からは絞りとれるだけ取ったらええ。」などとおどけて見せるおっちゃん。形のいい唇から器用にくゆらせた煙草の煙がドーナツやハートの形をしてなんともおもろい。

けれど、親を最期まで看取ったのもおっちゃんなら、定年退職後の今、インフラの整わない国へ出かけて行って、技術提供しているのもおっちゃんだ。震災後は、フクシマ入りし、随分とその復興に尽力した。祖母の法事で先日会った時、髪もフサフサ黒々として、瞳もキラキラして、まったく年老いていない「てるおのおっちゃん」と再会し、やはり私は終始おっちゃんの横に居て、容姿の美しさと話術の巧みさ、底抜けにおもろい雰囲気に酔いしれたのだった。交わした盃以上に美味しい時間を堪能した。



[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-28 16:56 | イイ男シリーズ | Comments(4)

性的魅力♪

性的魅力がある事を、英語では”sexy”とか”hot”というのかな。

街を歩いていても、人との集まりの中に居ても、異性の関心を惹きつけてやまない人がいる。

こればかりは、持って生れた特質で、本人が意識して身につけられるものでもないし、煩わしくて捨てようとしても、捨てられるものでない。

本人が自らの魅力を熟知していて、それを活用した場合、多くの異性交遊を持てることになるし、翻弄される人も少なからず出てくる。「罪つくり」などという言葉があるが、人の心穏やかにさせず、煩悩を噴出させるという点でこの表現は誠に的を得ている。

よく、女たちが集まって、「あの人性格悪い癖に、男にモテて・・・コロッと騙されてんの、男たち。」などと、男性に人気のある女性の陰口をたたいているが、性的魅力には性格など関係ないのであって、「モテ女」は、「陰口女」たちより異性を惹きつける天性の魅力があるのだから、到底太刀打ちできるわけがないのだ。嫉妬に駆られてこれ以上眉間のしわを深くしない方がよろし。

性的魅力のある友を多く持つが、幼いころから注目されることに慣れており、自尊心もほどほどに育っているし、いろんな形の愛情を享受しているため余裕がある。動物的にも優れた遺伝子を親から譲り受けているため、多才でおもろく、年々魅力的になっていき若々く、自然とその人の周りに人が群がる明るいオーラを放っている。その中でも最もチャーミングなのは、性的魅力に頼らず、自意識過剰にならず、淡々と生きて来て、軽やかに華やかな人である。

「あんたみたいなのはねえ、オギャアとないた時から色っぽいのよ。」という言葉を聞いたことがあるが、まさしく"hot"な人というのはそういう人なのだろう。
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-27 08:41 | 男と女 | Comments(4)

強盗と格闘し負傷する!?♪

我が家に三人組の強盗が侵入し、家族がそれと鉢合わせ!

夫が娘二人を抱きかかえ逃げる。

その後を男三人が包丁を持って追いかけた!

そこで私、

「刺すなら私を刺せ!」と強盗を呼びとめ構える!!!

背を向けていた強盗たちは振り返り、包丁の刃先を私に向けた。!!!!!

私は渾身の力を振り絞って、手前の男の包丁を持った手を蹴りあげた。

「イッタあぁぁああぁ・・・・・。」

目覚めた私は、サイドテーブルを思い切り蹴り上げた足の甲の痛さに飛びあがる。

丑三つ時に、アイスノンで冷やすも腫れがひかず、痛さで眠れず・・・。

「大きな音がしたけど、どうしたの?」と夫が目覚める。

「なんで娘だけ抱えて逃げたのよ!!!???」と、怒る私。

「ごめんね、ククク。」と鼻を膨らませ笑う夫。

「痛いのに笑うな!」

夢の中の私は強盗に立ち向かうカッコイイ私なのに、現実の私はとっても間抜けだ、とほほ・・・。
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-26 09:27 | 家族 | Comments(2)

美味しい想い(笑) ♪Candyman♪



「お嬢さんを小学生の時から拝見してて、とても真面目だし、協調性あり、下の子の面倒見がよく、体格もめきめき良くなってきているので、最強の剣士になりますよ。私の子どもたちもお世話になり大きな大会で優勝し、今でも剣道を続けています。いい学校、いい先生ですのでご案内しましょう。」

そういって、中三の次女を、剣道最強の高校に引き合わせてくれたのは、合同稽古でご縁のあった他道場の男前の先生。

長身細マッチョでユーモアのセンス抜群の先生とは、何度か歓談させていただいたが、初めて拝見した彼の剣道は、美しいお顔以上に美しかった。
娘の剣道の稽古など今までろくに観たこと無かったが、彼が合同稽古に来るときには、かぶりつきで見学することにしよう(笑)。誠にもって眼福である。

引き合わせていただいた剣道の名門校の顧問の先生も、これ又瞳の美しい端正なお顔の凄腕剣士。恰好いいったらありゃしない。中学の稽古は観に行ったことも無いのに、高校の稽古にはすでに二回参加させていただき、三時間かぶりつきで見学させていただいた。美しいものには何時間触れていても飽きることがない。三度目の稽古に今週またお邪魔するが、今からウキウキする(笑)。

その昔、「美」は「力」だと教えてくれたのも、剣道7段の美しい先生だった。この先生も娘の能力をすでに小学生低学年のころに見抜き、いつも寄り添って娘を導いて下さっている瞳の恐ろしく綺麗な先生だ。剣道も6段7段の高段者ともなると、皆さんお侍さんの様でとても恰好いい。

我が子が、親のもとを少しずつ離れ、その道の「本物」である美しい人たちに恵まれていくことが嬉しい。

そして、育児に関わりながら、男前軍団に接することが出来るラッキーを愉しんでいる。志の高い人々は本当に恰好良く美しい♪
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-22 09:59 | 育児・教育 | Comments(2)

お一人様ばんざい♪




今年もやってきました。お姑さんが夫と娘たちを田舎に連れて行ってくれる日が♪

「所帯を持っても、女は独りを満喫する日が年に何日かあると良い!」と、私を自由にしてくれるお姑さん、ありがとう♪ 貴女んちの嫁で幸せです!

嫁らしい事は何一つせず、貴女の娘として甘えたおしてきました、不出来な嫁でごめんなさい。

我が父の最期も、貴女が父を天国へと導いてくださいました。人に甘えられなかった父が、貴女に甘えて、優しくしてもらってこの世を去りました。いつかご恩返ししますね。

年に一度の独身貴族、嬉しい嬉しい嬉しいな♪
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-21 09:23 | 家族 | Comments(4)

校風♪

学校が入学志願者を募るため、広く一般の人々に学内公開する事を、オープンスクールといい、夏休み多くの学校がこれを行う。お見合いと一緒でこの日ばかりは学校内は美しく整えられ、よそ様にお見せしても恥ずかしくない、生徒会などの学生が、張り切ってお客様を招待するわけだが、コレに騙されず、きちんとその校風というものを見る必要がある。

世間一般の評判とか、外観だけで憧れて入学しても、我が子がその学校の校風から大きくかけ離れていた場合、居心地の悪い思いをして過ごす羽目に陥る。

古き佳き伝統を重んじる学校には、旧家や財界の子達が通っていて、粗野に育った子がその学校にうっかり入ってしまうと、立ち居振る舞いの全てにおいて小馬鹿にされ、卑下することになる。家庭においてきちんと育てられなかった所を学校に補ってもらおうとするのは乱暴者のする事である。

逆に、家庭教育をきちんと施したにもかかわらず、スポーツや何やかやの特別校だからと、下調べもせず推薦入学などさせてしまうと、乱暴者に授業妨害され、きちんとした高等教育を受ける機会を子どもから奪ってしまうことになる。

子どもの高校選びに有効な手段は、卒業生や内部の事情に詳しい者の口コミを得るということだろう。抜き打ちで学校訪問するとか、校門を出入りする在校生の様子を観察するなどして、我が子がその校風にある程度マッチしているか吟味してみるのは、親の役割だろう。
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-20 07:30 | 育児・教育 | Comments(0)

ホテルでゆっくりホッコリ♪

e0233614_20441940.jpg


スポーツジムですっかり体力がつき、全く病気知らずでここ7年間暮らしてきましたが、

さすがに、こう暑いと、少し疲れが・・・。 夏の終わりは、大好きな人と、ゆったり過ごすのがいい。

e0233614_2045199.jpg


プリンスホテルのラウンジで、大理石のテーブルを囲んでの歓談。

e0233614_20452818.jpg


少うし何かつまみましょうか・・・。

ウィットに富んだ話題と、笑顔があれば十分♪


e0233614_20461083.jpg


カシスソーダに、夏の想い出が溶けていきます。



[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-19 19:03 | | Comments(0)

頑張るおっちゃん達♪



昨日はジムのロビーで柔道家に、本日サウナで極真会空手のおっちゃんに、マッサージバスで鴻池道場のおっちゃんに食事に誘われた。武道家のおっちゃん達、夏バテ知らずで、元気で張り切ってるな。みんな可愛いけど、ジムで愉しくお話しするだけにとどめておきましょう。

「ありがとう。でも貴方ともし、お出かけしたら、今まで断った人に悪いから、誰とも個人的に、ご一緒しないことにしているのよ。」

そう笑顔で言うと、その後も気まずくならず、愉しいジムライフが続けられます。

スイミング終了後、ジムパーキングで、農家のおっちゃんから抱えきれないほどの枝豆をもらった。これはありがたく頂戴しておく(笑)。
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-18 19:40 | スポーツジム | Comments(2)

Air♪



人に対して、綺麗な空気のような存在でありたい。

暑苦しくなく、キツイ香水ぷんぷんの様でなく、心身ともに、相手をスウッとリラックスさせてあげられるような、そんな澄んだ空気のようでありたい。

人との関係は水臭いくらいが良く、空気やサラリと撫でる風のようでちょうど。

一緒に居て日々の些細な事象を云々する時間はもったいない。愚痴ったり慰め合ったり、確証のないうわさ話や人の事を詮索する様な話は「糞」と同じ。口にもしたくないし耳に入れたくもない。

ベットリまつわりつくような関係は大嫌い。

日々楽しく過ごしていて、自然と素敵な笑顔を持っている人との時間は最高だ。

感性の瑞々しさ、美意識の高さ、溢れ出るユーモアのセンスを併せ持った人々は、愉快に暮らしているものだ。

そういう人としか付き合わないから、ママ友だからといって誰とでも仲良く出来なくてごめんね。

嫌な人から嫌われるのは幸せな事だ。スッキリするよ♪

お陰で、娘たちの友達も、みんな澄んだ空気のような綺麗な子たちだ。

上辺だけの付き合いを、全てかなぐり捨てたご褒美だと思っている。

(仕事となるともちろん違うよ、思いっきりイイ人演じきるからねえ・笑。)
[PR]
by kaori40712007 | 2013-08-18 07:37 | 哲学・生き方 | Comments(2)
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite