マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

写真家『山尾文男』展にて、究極の「ブルー」と出逢う♪

e0233614_1745283.jpg


ジム会員さんの写真家、「山尾文男氏の個展がとてもいい」と、同じくジム会員の写真家から勧められ、けいはんな記念公演の会場へ。

e0233614_659189.jpg


氏は、啓林館に40年間カメラマンとして勤務され、今回の個展は退職されてから8年間に撮影された作品の集大成。大台ケ原などに出かけて行って、夜明け前に待ち構え、光が差す一瞬手前のタイミングを狙って最高の『青』を撮るのですよ。と以前お話しになっていたのが印象的で、訪れた会場には、それは美しい「ブルー」が満載。

e0233614_745580.jpg



もちろん「レッド」も美しいのですが、あまりに美しい「青」と出会い、独り占めしたくなった。氏の後ろのA4サイズの「ブルー」の作品を購入!。明け方、霧が立ち込めガスが発生した1分か2分の瞬間だけこの青が出るとか・・・。そしてその青は月の青とも共通すると氏は仰る・・・神秘的。月光浴の際目で感じる青とはまた違うのかしらねえ。

e0233614_6534634.jpg


自分の傍に置き、感じていたい『青』・・・嬉しいな♪。


ピカソでも、シャガールでも、グレコでも、いつもゾクッとさせる色は「青」だ。

空も海も地球は青で満ち満ちて、太古の昔より人々はその色に魅せられて来た。
今年の正倉院展でも、「瑠璃色の杯」の青は秀逸であった。

「ブルー」といえば、フラワーアレンジメントやパンのお教室を開催されている氏のお嬢様のネイルのブルーがとても美しかったな。ご自身の作品を会場に展示されており、「親子展」ってなんて素敵なんだろうと、幼いころからよく画廊や美術館巡りをした亡き父が懐かしくなった。残念なことにこんなに素晴らしい個展は昨日が最終日でした。

e0233614_7284011.jpg
(写真はすべてご本人のご了承を得ています。)お嬢様のブログはこちら!http://ameblo.jp/jy-and-yy/
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-20 07:48 | art | Comments(0)

我が家の大学受験生♪

幼いころから手先が驚くほど器用だった長女は只今大学受験生。

高校入学時までは宇宙飛行士になる夢を持ち、万有物の理を探求するあまり、成績がずば抜けて良かった。中学1年生で英検の2級を取得し、高校の科学の参考書を自分で読み、物事の本質を知るための材料を蓄え続けた。周りの友達は、携帯やゲームを親から与えられていたけれど、うちは一切持たせなかったので、時間が余って仕方が無かったのもあるだろう。

うちは一風変わっているけど、それでも親たちは、nice大人友達に恵まれ、生活を愉しんでいるのだから、「皆と同じ」でいる必要はないと知らず知らずのうちに悟ったのだろう。周りに合わせて自らを偽るよりは、「己をよく知り世間につくす」方が、サラっとしていていい。グダグダ言ってるまにさっさと勉強し、世間の荒波に揉まれてもしっかり独りで泳ぎきる風に育てばよいと思っている。

少子化、大學余り時代にあくせく受験勉強する必要はない。問題は、入ってから自分の能力を存分に伸ばし得るに足りる大学か否かだ。

娘は、オープンキャンパスなど行ったことが無い。イイところしか見せないそんな日に行ってうっかり騙されるのは時間の無駄。平日に高校休んで、こっそり聴講して来いと言ってある。授業中にふざけた学生が多い大学はろくな授業しか提供出来ない教授がいる証拠。トイレや図書館など公共施設にゴミが散らかっているのも言語道断。校舎裏のごみ焼却炉も見て来いといってある。裏側が雑然としている大学は経営難で、教授陣に十分な報酬を払えないから、どこの誰か分からぬ非常勤の手薄な授業しか受けられなかったりするので払った授業料をどぶに捨てることになる。

もちろん東大や京大には入れればいいのかもしれない。企業は、イイ大学を出た人材が欲しいわけではない。よーいドンで受験勉強を始め、限られた時間内にどれだけ高く自己の学力を上げることが出来るかどうかを測る物差しにしているのだ。仕事は効率優先だから、短時間で成果を上げる人間に報酬を払いたいに決まっているのだから、偏差値の高い大学を卒業している学生というのは、経営者にしてみればとても美味しい人材なのだ。

ただ昨今、イイ大学を出ていても、就職浪人している人たちがたくさんいる。「没個性」「没特殊性」「没面白さ」・・・そんなところかなあと思ってしまう。「私には人にはないこんな特殊な能力があります!それは、世間様にこんなに役に立つものですよ。」と誇れるものがあることが強みだ。

長女の場合、「自分より指先の器用な人にいまだあったことが無い。」と本人も自負するほどの器用さなので、「デザインを含めた、物造りをしたい!」という明確な意思があるので、それにぴったりの学部のある大学を自分で探して来た。だから受験勉強も淡々と進めている。大学に入るための勉強ではない。したい事の素地を作るための選択肢に大学を設定している。もし入学できなかったら、物造りの工房に弟子入りし修行をするそうだ、世界中を旅しながら・・・。それもよかろう。

しかし、資金はどこから捻出するのやら(笑)。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-17 12:35 | 育児・教育 | Comments(2)

ノラジョーンズの”Happy Pills”「恋の特効薬」♪



「惚れ薬」というのは聞いたことがあるけれど、ノラジョーンズの新曲”ハッピーピルズ”は、惚れた男を忘れさせてくれ、解放させてくれ、自由にさせてくれる薬があるものなら飲んでみたいという内容のもの。

老齢の女友達が時々「もう、男はんは沢山(=こりごり)・・・。」と仰るのを聞くが、女を大事にしてくれ、優しさをくれる誠実な男に恵まれればこういう言葉は出てこないのだろうけれど・・・。離れたくても離れられないダメ男、憎めない男と恋に落ちれば、これはもう、不意に交通事故にあったのと同じで、不幸としか言いようがない。

こういう男は何とも言えぬチャーミングさがあって、女性が本来持ち合わせる母性や同情心、共感性などをくすぐり続けるわけで、振り回されようと、騙されていようと、割に合わない現実と相反して、女性は本能をメロメロにされるから離れられないのだ。麻薬と同じね、確実に心身ともにボロボロになっていくのに、止められないんだから。

でも、この世の中、割に合わないこと多々あり、「恋」の領域にだってそんな事があってもいいんじゃない。とことん惚れさせてくれたのだから、愛すべき男なんだから、そこに理屈など要らないのだから。大っ嫌いなんだけど、それ以上に好きなんだから・・・。

そんな事をふと思わせる曲相とセリフにギャップのある面白い一曲だ。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-16 10:55 | 男と女 | Comments(2)

恋は育てるもの♪



Hi-Fi Setと、初めて出逢った女子校時代、ニューミュージックバンドではじけてた真っ只中、
何てスタイリッシュなバンドだろうと焦がれたものです。

昨年次女と、山本潤子のコンサートに出かけました。長い間スランプで、もう歌う事を止めてしまおうと思っていた彼女、見事なカムバックです。

人並み外れた『才能』神からのギフトも、色褪せさせてしまっては 自らを傷つける刃となる。
きっと、彼女は以前よりも歌う事を愛しているのだと感じられる素晴らしいステージでした。
その中で、涙が止まらなかった歌があります。

この歌にある様に、”約束もなく『育てた恋』”こそが本物の恋。

「恋」が、やがて「愛」に変わるとか、「恋」は、奪うもので「愛」は与えるものなどといわれますが、「本物の恋」は命がけで、一途で、一生ものだと思いますよ。他の形に変化したり、消えたりしないものです。恋の遍歴を繰りかえす人は、ある意味チャレンジャーです。本物に出逢えないから探し続けているのです。出逢えた人だけが知っている豊潤な世界は、浄土に似ているのではと思っています。

内にも乙女が二人おりますが、どうぞそんな「恋」と出逢えますようにと母は祈っております・・・密かに(笑)。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-11 21:58 | 男と女 | Comments(2)

2012年秋の岩船寺♪




 京都府木津川市の「当尾の里」は一番好きなスポットです。


e0233614_15552558.jpg



そして、行きつけの「お店」ならぬ、行きつけの「お寺」が、ここにはあるのです。


e0233614_15563156.jpg



先週訪れた「浄瑠璃寺」が、まさにそれ。静けさが心身にいたいほど沁み込むお寺です。


e0233614_15191250.jpg



本日訪れた『岩船寺』は、浄瑠璃寺から山を歩いて数十分のところにあるのですが、若干騒がしい。


e0233614_15202959.jpg



カラスなんかの鳴き声がワサワサして、浄瑠璃寺が浄土をイメージさせるとすれば、ここは浄土への架け橋辺りといったところでしょうか。


e0233614_15224033.jpg



いつ来ても、人が少なくてまるで御里帰りみたいな気持になりますよ。


e0233614_1523050.jpg



門前の茶店の、ウィッグの大きくずれたお婆さんと、ご住職さまが大好きなのです。


e0233614_15233544.jpg



たった300円の拝観料で、本日はご住職さまの説法と、塔の開扉でお宝に出会えましたよ。


e0233614_15241363.jpg



ご住職さまは大変気さくな方で、いつ来ても笑顔で優しく語りかけてくださいます。
対話は僧侶たちの修行の一つでもあると。


e0233614_19165319.jpg



「仏教では、『人間が仏様から救ってもらう事をただ待っているだけではだめですよ。
自分から動かなくては救われませぬ。』という教えがあります。」


e0233614_15251214.jpg



お寺に一緒に行くお共は、これ以上ハートが美しい人はいないという人と行きます。


e0233614_1758375.jpg



そうすれば、仏像や、僧侶たちの「気」が、すう~っと心身に沁みとおっていくのです。


e0233614_17574359.jpg




邪念の多い人と行くと、疲れるばかりです。「そうぞ私を救ってください。」などと祈られては閉口してしまう。


e0233614_1758275.jpg



天と地とを繋ぐ道には、他者を思いこそすれ光がさすものだと思っています。自分のことを祈ってはダメだと、なぜか子供のころから思っています。そんな風に生きていたら、なんだか全てうまくいって来たし、素晴らしい人たちが周りにいっぱいいる状態になって行きました。


e0233614_17581927.jpg



子どもの頃は、嵐山の「天竜寺」が行きつけの寺でした。足蹴く通っているうちに体で覚えたのでしょうか、「気」を「空」にして、ただ落ち着くだけが心地よい領域だと思っています。波一つない凪の様な心情になれれば寺詣りは成功です。


e0233614_17583610.jpg


 天上への道「岩船寺」で、身も心も満たされたのでした。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-10 20:04 | 神社仏閣・仏像 | Comments(6)

中体連剣道大会優勝・常に本物に触れる♪

中学体育連盟主催の地区大会で次女優勝!団体戦は準優勝。12月には府大会に出場できる。

e0233614_861898.jpg


夏の大会の近畿大会目指して日々精進。親はイイ体つくりのための食事を作るのみ。後は母親自体がいつも元気でいることだな。家の「気」をアップしておくことは夫の出世や子どもの成長に必須。

スポーツ選手の試合に最高の仕上がりを作る食事は日々の積み重ね。鳥のむね肉は筋力アップに、小魚や納豆は骨作りに威力を発揮する。もちろん野菜はたっぷり摂り、ビタミンやミネラルで身体の調子を整え便通をよく血をサラサラにしておく。前々日には赤身の牛肉をタップリ食べさせ、当日朝は、消化の良い納豆ごはんかシラスご飯に味噌汁。昼は、何と普段は身体によろしくないメロンパンなんかの高カロリーで軽い軽い食べ物を!もちろん前夜は10時には熟睡できているようにもっていくことも大切。

剣道が強くなったのは指導者や仲間のお陰と、何より強く美しい剣道をするライバルたちのお陰。本物と接するうちに、どんどん強くしていただけたと確信する。優勝してきたチームの選手たちは会場ですれちがっても礼儀正しく、試合以外の時間も姿勢も身のこなしも美しい。彼女たちの試合は全て録画してくれと娘から頼まれてきた。彼女はもちろんビデオで自分剣道の悪いところを修正するためチェックするが、美しい選手たちから学びイメージトレーニングを繰り返してきた。会場でも常に美しい選手に釘付け。「美」は「力」だと多くの選手から学んで来た様だ。

同じ時期、地区の美術展にも入賞した次女。

e0233614_8363811.jpg


海外国内の主要美術館に二歳の時から連れ歩き、本物を見せてきた。例えばルーベンスの絵の前に立つと2歳の子どもでも、立ち尽くし、そこから動かないという経験をして以来、絵でも彫刻でも陶芸でも観る者を圧倒させるような力強いものを見せる様にして来た。ミュージカルも本場で見せた。だから彼女はダンスも習ったりしていないけれどとても上手い。日本で観る海外物は全く違うものだ。他の事は切り詰めても本場で体感するのが一番。毎年行かなくても(サラリーマン家庭には無理・笑)10年に一度でも本物に接する方がイイ。色々習い事をさせなくても、月謝をためておいて、本物と接する方が絶対にいと思っている。教える先生が中途半端なら、芽を積んでしまいかねない。


e0233614_834931.jpg

(5歳の時の絵・愛犬とにらめっこして描きました。)

e0233614_92178.jpg


(小学中学年の時の絵。音楽が大好きで。)

人間関係も同じだ。群れていても実は陰で悪口言ってたり、言い訳や責任転嫁ばかりしている人とは距離を置き、前向きで、己をよく知り、日々努力している優しく強いお友達ちと時を費やせば、愉しい楽しい大人になれるよ♪

親がそういう友人関係を持っていれば、有害な大人にも近寄らずに済むしね。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-06 09:03 | 育児・教育 | Comments(0)

ほろ苦い想い出♪




あの頃は、一途過ぎて、あなたに息つく暇も与えなかった。

激しさを情熱と履き違えていた若い頃の私は、もうすっかり大人のオンナになりました。

将来ある若者と地域振興のために貢献されていると聞きました。

あなた以上に愛せる人とはもう出会えないと思った25年前・・・。

あの時よりも、もっと幸せになった今、やっと「別れ」の意味が解せました。

今なら笑顔で会えるでしょう・・・25年分を、あなたに聞いて欲しいと思います。

誰よりも互いの理解者である事は、一生変わらないでしょうから・・・いつか、会いましょうね。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-04 22:27 | 男と女 | Comments(0)

例えば本当に好きならば・・・♪



例えば、相手のことを本当に大切に思っているならば、雨風耐えて、じっと待てるはずだと思うのです。人は時として、急ぎすぎて、好機を逸することが多いと思いますね。

 人には人のそれぞれの事情があるのだから、それに自分の想いを覆いかぶせてしまっては、失礼というもの。

 親子の場合これがとてもいい加減というか、暴力的に母親が子どもにおぶさってしまうケースがあるようです。子どもは大人が思っている以上に親の気持ちを察するもの・・・親を喜ばせようとか親の期待に応えようとしているうちに自分自身を見失っていくものです。反抗的な子どもはその難を逃れる術を知っていて、先手を打って防御に出ているわけで、賢いなあと感心してしまいます。

 勉強しなさいと百回言うより、親が常に勉強家ならば、その横で子どもは空気を吸うように勉強するもの。お行儀よくしなさいなどと教えなくても、親が礼を尽くす人ならば子はそのように育つのだとおもいます。人と仲良く愉しく暮らしている親のもとで、子どもは友情とはどんなものかを学んで行くのでしょう。その子の芽を摘まず、じっと見守り、自分の足で立てるのを待ってやると、のびのび大らかで才能豊かな子に育つと、自戒の念を込めて思うのです。

 男女の愛も同じ。出逢った当初の激しく情念が燃えるときは勢いに任せて愛し合えばいいでしょうが、その後も、相手のことがとても大切で手放せないのならば、機に応じて、じっと待つことも必要になって来るでしょう。一度の過ちで激怒して別れてしまう人たちもいますが、それではその過ちに自らが起因していないかというとそんな事は皆無で、そのようになるには自分にも責任があるはずなのです。嵐の過ぎるのをじっと待てば、当初なぜ、あんなに好きだったのかを冷静に思いだすものです。傷つくことを恐れずに奔放に愛せば、深く深く互いを知り合えることとなるのでしょう。二人で築き上げたものは、そう簡単に崩れるものではないと信じたいです。

 時間をかけてじっくり熟成した物は食べ物も人との関係も味わい深いもの。一度愛した人も物も、一生かけて愛し続けたいと思いますね。我が子とはずっと一緒に笑って「生きることについて」考えていきたいと思いますし、愛した男性とはずっと手を繋いでいたい。

”あなたの愛に身を任せて、自分自身確かめたい・・・。”

渡辺真知子が作曲し自ら歌う「たとえばたとえば」の伊藤アキラの作詞・・・この部分が好きです。

信じる力を持つ人が相手のために「待つ」事が出来るのかなあと、そして、それは、大きな大きな愛の形の一つだと思うのです。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-03 23:07 | 哲学・生き方 | Comments(4)

朝一番は♪

e0233614_0235099.jpg


朝は、ドーンと酵素をお腹に送ってあげましょう♪

果物やヨーグルト、野菜ジュースなどを、朝一番に摂ると、腸まで一気に消化酵素が送られ一日お腹の調子が良い。

冷房も暖房も不要なほんの一時この季節、週末は大好きな人とテラスで朝食を!

朝日を浴びて元気モリモリです♪



[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-03 09:22 | | Comments(0)

古いものには命がある♪

e0233614_2005618.jpg
(古道具「燕」京都府木津川市梅谷池の谷58)


物も人もだけど・・・使い古してみないと分からない事っていっぱいあると思う。

e0233614_201470.jpg


新しい物にすぐに飛びつくのもイイけれど、古い物が大好きだな。

e0233614_2045433.jpg


そこには命が宿っていて、いろんな声や色を放っている。

e0233614_205767.jpg


磨き込めば真新しい時より、益々魅力的で美しくなる物や人との関係っていい。

e0233614_2052218.jpg


だから、私はやっぱりあなたが好き・・・なんてね。(笑)

e0233614_2054015.jpg


撮影を快く承諾してくださった「燕」さんのマダム、ありがとうございます。
骨董屋さんのマダムはどなたもとても魅力的・・・独特の雰囲気をお持ちで惹かれてしまいます。



[PR]
by kaori40712007 | 2012-11-02 20:25 | 文化・娯楽 | Comments(0)
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite