マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

11月1日は「古典」の日♪

「必殺遊び人」は、年末年始は忙しい。
冬の寒い中大掃除すると手が荒れるので、毎年10月から大掃除を初めて、11月には終えてしまいます。大雑把な性格なので、いい加減なお掃除なのですけれどね(笑)。毎日一カ所ずつ進めます。
今日は風通しが良いので、古本干しを!

e0233614_12191079.jpg


 明日は「古典の日」。「紫式部日記」に記載された最古の日付が1008年11月1日だったからだとか。古い物がとにかく好きで、神社仏閣、アンティーク市やお店に顔を出し、博物館や遺跡巡りは大好物。膝を痛めてからは、古典を読む時間が増えました。今のお気に入りは「竹取物語」・・・昨夜は満月でしたね。庭に出て雲の動きを感じながらしっぽり「月光浴」しましたよ。

 夜空を眺めるの、大好きです。遠くにいる愛する人々も、同じ銀河のキャンパスを眺めることが出来るからかも。

 竹より生れ出で、老夫婦の愛を一身に受け、その美貌により数多の男を虜にし翻弄させ、終には月に帰っていくという何とも壮大なドラマ・・・。女ならだれしも憧れるお話しを、テレビもラジオも何も無かった時代に人々は胸躍らせ伝え聞いたことでしょう。

 「引き際の美しさ」、かぐや姫から学んだような気がします(笑)。


オット、うっかりしていると愛犬が古本に悪さをしそうなのでこの辺で・・・(笑)。

e0233614_21383598.jpg





 
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-31 20:40 | 文化・娯楽 | Comments(0)

お元気なナイスシニア♪

 ジムで連日水中ウォークを愉しんでいます。大抵は、話し相手がいて退屈しません。

 オープンしたときから奥さまともども仲良しのおじさまは御歳76歳。ハーレーダビットソンを乗りこなし、昨年スペイン・ポルトガルをバイクで旅し、ニコニコ顔で帰国されました。最近はハーレーを卒業し、BMWの400に乗り換え、会津磐梯山を楽しんでこられたとか。人を包み込むような温和な笑顔と優しい語り口にいつもいろんなお話をさせていただき、二年前父を亡くしたわたくしにとっては、良き相談者でいてくださいます。必ず毎日1時間のウォーキングを欠かさず、その間もずっと笑顔、本当に気持ちの良い方です。

 毎日1,500m泳いでおられる85歳のおばさまは、決してこの距離を変えないそうです。「90歳でも泳いでられるかしら?」と、これまた素敵な笑顔で仰います。寝込んでしまった配偶者の農業を代って午前中にこなし、介護をしながらヘルパーさんが来られる二時間を利用しての水泳です。女性として妻として母として生きてこられた軌跡を折に触れ語ってくださるその内容に、自分がいかに生きていけばよいかという知恵がいっぱい詰まっています。「男はんはなあ、ジャマくさいもんよなあ。もうたくさん。(笑)」 農作業で茶色に焼けた肌が美しい。

 年齢不詳ですが、70代のおじ様も毎日1500~2000mおよぎ、「やあ、おはよう!」と手を挙げ挨拶してくださり、身体の線をどうしたら美しくなるかご指導くださいます。彼の言葉は全て実践します。なぜならシニアでお腹の割れている男性の今までの積み重ねを想像すると、実践して間違っている事は何もないと思うからです。玄米やヨーグルトを強くすすめて下さったのは、この方です。時折してくださる昔話は小説を読むより楽しい。

 83歳の江戸っ子のおじ様は、ふくよかなわたくしの胸を見て手を合わせて「イイねえ~、肉体美!最高っ♪」と、声をかけてくださいます。これくらいのお歳の方から言われても、いやらしい感じは全くなく、素直に褒め言葉としてとらえ嬉しくなります。先日は水泳のマスターズで個人優勝されました。この方の笑顔がジムNo1で、憧れる会員さん多いのです。一緒にいるだけで幸せな気分にさせるこの方の様な人になりたいものです。

 皆さん一様に、健康維持に対して真剣ににシビアに取り組み、笑顔で毎日を愉しんでおられます。精神には「老い」は無いのだと感じさせられます。最近古典を読みだしたのですが、感想を交わせる楽しみも得ました。ダンスは美少年と!美容談義は同年代と!10代から80代までの友を得て、何とラッキーなことでしょう。だからジムは止められない(笑)。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-31 10:30 | スポーツジム | Comments(4)

「自由」を勝ち取るためにしてきたこと♪

 男女違わず、相思相愛は最も欲するところで、それを叶えよう思えば、まずは自己をしっかり把握し、尊重する必要があるのです。煩わしい人間関係を一切排除し、嫌な人に寄って来てもらわないためには、八方美人はかなぐり捨て、「嫌なものは嫌!!!」という勇気が要ったし、「あの人はああいう人だ」と周りに分かりやすくしておくことも有効だったでしょう。お陰で、素敵な人に囲まれ快適な生活を送っています。

 だいたい「みんなから愛されよう」なんて事はムシのいい欲望で、人は自分が思っているほど自分のことを気にとめてないし、その逆も然り。「イイ人なんかクソくらえだ!」と基本的に考えています。もちろん公共の福祉に反する様な事はしませんし、公序良俗違反だってしません。良識の範囲内で生活し、自分が必要とされることには全力を注ぐが、そうでもない所で、人様からどう思われていようが、全く気になりません。

 子どもはこんな親で迷惑したこともあったでしょうが、別段誰かにいじめられたり、ひきこもったりもせず、いたって活動的で、友人にも恵まれ、先生からも愛され、すくすく育っています。えてして、立派な親の傘の下で育った子どもは、窮屈で制約のある生い立ちを強いられたりするものです。大らかで楽しく生活している親のもとで育った子どもたちは元気です。

 皆が集まっても嫌な集会には迷惑のかからない程度にお断りしてきたし、これは必要と思う会は自ら発起してでも楽しんできました。「負」の感情や言葉の多い所には、足を突っ込まないようにしてきました。それと嘘っぽい親切や仲良しグループもクソくらえです。他人の領域に挨拶もせず踏みこんできて、自分の主義主張を「押し売り」する人は一蹴します。「あなたのためを思っていっているのよ」という人に限って、わたくしのことをこれっぽっちも思ってはいてくれませんから、「どうぞご退散ください。近寄らないで!」と思いますね(笑)。

 現実社会ではそれが出来るのに、ブログの世界ではブロガーの立場は弱いのです。名を偽り悪意に満ちた気持ちの悪いコメントを、非表示で残す人が四年半のブログ生活で初めて現れました。一度は無視し即削除しましたが、正論を翳し、しつこく訪れました。「余計な御世話だ馬鹿野郎!」ですよ。(笑)

 不愉快なコメントを残す人のアクセス拒否が出来ると嬉しいのですけれどね。けれど、ブロガーには、適正なブログ運営のために、本人のみ把握できるアクセス数やリンク元URL等がありますから、これ以上お行儀の悪いことはなさらない方がよろし。

 そこのアナタ!人のブログに異常に執着して、異常なアクセス数を残して、これ以上まとわりつかないでください。!もし、わたくしを不愉快にしたいのならもう十二分にあなたの目論見は成功しましたから。

 当ブログは、何十年もわたくしに関わりのある身内や友人知人、愛すべきブロガーさんたち当てのみに展開しています。アナタとは全く関わりの無いものですからどうぞご退散くださいませね。
あ~、初めてのネガティブ記事だ。だからやな人はヤなんだよな、人をダウンさせる。(笑)
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-29 21:24 | 哲学・生き方 | Comments(9)

美しすぎる女たちの集い♪

 Super Science High School のPTAのお仕事はことのほか楽しい。

 この学校に通う子どもたちは好奇心や実行力旺盛で、先日もNHKで学園祭の様子が放映されたのであるが、学園祭を陰で支えたのは他ならぬこのPTAでもある。見事に黒子に徹した保護者たちの振る舞いに敬服したものだ。

 我が子のことにはとても関心があるが、子どもたちとほどよい距離をおき、子どもたちのことをよく見、子どもたちの言葉をよくは聞いても、出来るだけ口を出さないという親たち。こんな風だから、もし子供に助言を求められたら、的確な対応が出来、立ち止まった子どもたちが、また元気を取り戻して前進できる。子ども時代に、自分のことを信頼し、自由に泳がせてくれ、失敗したときや困った時に、助けてくれる大人に恵まれている人は幸せだ。愛されているという自信を持つ子どもたちは後に大きな業績を、この世に残すことだろう。何でも自分で選択し、決断し、行動出来る自立心旺盛な子どもを育てるという、共通の意思で集まった仲間たち。子育ては決して独りで背負い込むものではなく、社会で育てていくもの。けれど、我が子を社会に送り出すまでに、各家庭で丁寧に育てておかなければという責任感を持つ親たち。学校や社会に任せきりにせず、自分の生き方を傍で見せることによって、子どもを育てるという、そんな親たちが多いPTA。

 高校生にもなって、親だけのランチ会にクラスの半数が参加するというのは驚きだった。ズラリと並ぶ30代から50代の女性たちの美しいこと。マダム御用達の雑誌に登場するモデル張りだわ。女性20人が集まっても騒がしくないこの空間がとても好きだ。

 皆自分の役割や立ち位置をしっかり把握できているので、実務的な事は、すぐに終わり、後は互いの近況報告に花が咲く。各専門分野で活躍している者、大学に通っている者、趣味に情熱を傾けている者たちとの会話は本当に刺激になる。ご自分をしっかり持っておられるので、発言にも骨があり、ユーモアに溢れて爆笑の連続だ。物事を、いろんな側面からとらえる事の出来る彼女たちの思考や発想は、非常に柔軟で豊かだ。役員をしているとお一人ずつと直にお話しできる機会を頂けなんと役得かと思う。人生の後半戦は、豊かな人脈で満たされると思っているので、嬉しくて仕方がない。

 子育てに没頭した時代から、自分を取り戻していく過程で放たれる彼女たちのエネルギーはとても美しいなと思う。そして、親子は見事に合わせ鏡だなとつくづく思うのもこのお仕事。多かれ少なかれ、親の価値観が子どもに反映され新しい社会を作り上げていく。育児とは本当に責任重大な仕事だと改めて思った。

 多忙の中、同席してくださった若い担任の先生は、眼光鋭く志高い熱血男性。熟女たちに臆することなく、お独りで皆に粋に対応され、本当にいい学校に娘は通っているなと嬉しくなった。娘が常々先生を尊敬しているのが頷ける。一銭も授業料をお支払いしていないのが申し訳ないくらい(笑)。自分で選び勝手に受験した娘の千里眼に座布団三枚やわ♪。大学もこの調子で好きなようにしてね♪。母は貴女を信じている。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-28 18:07 | 育児・教育 | Comments(0)

旅のハプニング♪

 かつて、「その日の宿がとれないかも」と思う旅があった。カナダのオンタリオ州はプリースエドワードアイランドからフェリーに乗って、東に向かい小さな小さなアーモスト島に到着したときのこと。早い夕方に埠頭に降り立ったわたくしたちは茫然とした。帰りのフェリーがないのだ。人口数百人ほどの小さな町に宿などないだろう。

e0233614_224513.jpg


 車で夜明かしするしかないなと思い、波止場の売店に当時二歳の娘のオムツと、夕食用のパンや水を買いに入った。静かな田舎町に突如現れた心細そうな旅人にお婆さんが優しく話しかけてくれた。事情を話すとどこかに電話を入れてくれているようだ。

e0233614_2243698.jpg


 「今日最終のフェリー(わたくしたちが乗ってきた船だ!)に乗って帰省するはずだった息子一家が帰ってこず、シチューが余っているから泊めてあげる」と言っている家庭があるよ。というのだ。小さな子ども連れの野宿から、優しい老夫婦の温かい歓迎を受ける夜へと一変した。

e0233614_2253891.jpg


 こういう小さな田舎町では住民は全員白人で、有色人種のわたくしたちは奇異な目で見られることが多いのに、このご夫妻にはそういった人種に対する偏見はいっさいなかった。夫のボブは、ホッケー観戦に夢中、妻のべスは、とびきり美味しいビーフシチューに温野菜、ホカホカのパンを給仕してくれた。心細かった想いと冷えた身体に彼女達の優しさが沁み通った。

e0233614_2255213.jpg


 食後、べスは彼女の生い立ちから一族の説明をし、アルバムを見せ、いろんな話をしてくれた。会話が上手には成り立たないけれど、写真はその多くを助けてくれた。ホッケー観戦していたボブもご自慢の立派なチェス台で娘たちと遊んでくれたり、ダーツでハシャギまくった。その夜、カナダ流ベッドメーキングを教えてもらい、息子さん一家が止まるはずの部屋で一夜を明かした。

e0233614_2261987.jpg

 
 翌朝は、ベスと一緒にパンケーキを焼き、ベーコンエッグを作ったり片づけものを一緒に住ませ、彼女がオルガン奏者を務める教会の礼拝に参加した。フェリーの時間があるので、ミサの最中に目だけで挨拶して彼女と別れた。田舎町の教会のミサには、人々は一番いい服を着て集まるのだという事を知らなかったので、ぼろを着たわたくし達は住民たちを驚かせたかもしれない。旅の恥はかき捨てというけれど、失礼な事をしたかもしれない。

e0233614_2263678.jpg


旅にはハプニングがつきものだけれど、こういうハッピーサプライズがあるから個人旅行は止められない。「夏には庭にプールを出すから、またお越しなさい。」そう微笑んでくれたべスの顔はきっとずっと忘れない。

e0233614_2285160.jpg


"See you again!"
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-27 22:11 | | Comments(0)

ラップで機内アナウンス♪

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-26 08:28 |

All I konw♪



e0233614_0402442.jpg


かつて訪れた室生寺の、清廉な空間をよく思い出す。

e0233614_0404037.jpg


天まで届くのではないかと見まごうばかりの大木の間を一歩一歩踏みしめながら石段を上った。

e0233614_9274848.jpg

 
「真の縁」とは、岩をも貫くこの大樹の根のように深く強く張り、簡単には崩れないもの。永遠に繋がっているもの。

e0233614_9281120.jpg


人の一生は儚くて、自らを偽って生きるには短すぎる。煩悩の限りを貪りつくしたら、きっとその先には浄土が待っていてくれるでしょう。

e0233614_9283284.jpg


嘘をつくくらいなら、バカ正直に。

傷ついても、凛と前を向いて歩いていたい。

e0233614_9285288.jpg


そんな勇気をくれたあなたと出会えたことが、私の一生の中で、最大の出来事だったのだと、

e0233614_9293140.jpg


きっと今わの際にもそう思うことでしょう。

e0233614_9294571.jpg


I miss you.

e0233614_9295666.jpg

[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-25 09:42 | 神社仏閣・仏像 | Comments(0)

Halloween Party は、せっかくのイケメンが・・・。♪

e0233614_21174036.jpg

だ~い好きなエアロインストラクターの先生とツーショット♪
ハロウィンは楽しいけど、イケメンの素顔を見ることが出来ないのが残念(笑)。

e0233614_21175155.jpg


羽目をはずし過ぎてごめんなさいねえ~♪
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-23 23:17 | スポーツジム | Comments(2)

Zumba gold で”Happy Halloween!”

スポーツジムでのZuma gold Halloween party!
アラフィフに60’sの五人。よーやるわと思いますけど、楽しいから止められません。
e0233614_2118473.jpg

中央わたくし・・・ハローウィンの黒猫にちなんで、スパイダーマンのスパイ「ブラックキャット」に変装~♪

e0233614_21182312.jpg

美少年も頑張りましたよ!はにかみ屋が一生懸命(笑)弾けました。一際長身のカボチャさんが彼よん♪

e0233614_21183746.jpg

パーティの前、パーキングで待ち合わせ、本日三つ演じると!「どれがイイですか?」ですって。

e0233614_21185039.jpg


どれもいや!素顔を見せて(爆)!!! わ!こわ~♪

e0233614_21185982.jpg


恋敵(爆)も一緒に変装することに・・・「こらこら、寄りすぎ~!!!」(爆)

e0233614_21191070.jpg


最後はツーショットね♪ 撮影してくれたおじ様、「ブレてるやんか!!!」
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-23 21:39 | スポーツジム | Comments(2)

ダイエットレース ・ 恐るべき玄米パワー♪

スポーツジムで、9月初旬にトレーナーから持ちかけられたダイエットレース。
11月末に3㎏痩せたら完走入賞というもの。

エントリーしているのは同世代会員女性四人と我がトレーナーうたちゃん20代の5人。
何故この5人かというと、皆欲望に弱いタイプで、美しい体つくりを目指しては挫折し、リバウンドを繰り返しているから。もうそろそろずっとナイスバディをキープしようということで、団体戦に望むことにしました。(笑)

アラフィフのわたくし達が、もし過激なダイエットレースを展開すれば、お肌は皺皺かさかさ、毛髪はバシバシのスカスカになるおそれあり。体調を崩しては元も子もないので、よく考えて実施せねばなりません。

数名はもうすでに3kg落としてさらにストイックに減量していますが、自分は、全てにおいて欲求の旺盛なたちなので、食を減らすことは初めから考えません。

e0233614_2363946.jpg


皆どんどん減量しているのに、出遅れているわたくし・・・。そこで、10日前から玄米食に変えました。歳不相応に元気なジム会員さんは、皆これを主食とされているという共通点がありましたので、早速取り入れて見ました。新米の時期、家族にこれを強制するのは忍びなく、家族は7分づきの白米を。自分の分だけ沢山炊いておいて小分けにして、玄米を食べています。パンも雑穀パンや全粒粉のものを。10日で、体重が1.5キログラム、体脂肪が3%も減りました。これにはびっくりです。

「白い食べ物より黒い食べ物を!」とは、以前から知ってはいたものの、徹底して実践するには手間暇かかりついついいい加減になっておりました。いざ実施してみると本当に色の濃い食べ物はかみごたえがあり、本来それらが持ち合わせている深い味わいがあるもの。じっくり噛まないとその味も分かりにくいので咀嚼回数が自然にアップし小顔効果もアップ・・・らしい。

皆美しくなりたい一心でレースに参加しているので真剣なんです。全てにおいて貪欲なだけに食欲も強けりゃあ、レースに勝ちたいよくも旺盛なわけで、走るもの、筋トレに励む者、シェイプアップ体操に入れ込む者それぞれで楽しいのなんのって。わたくしは毎日1時間半泳ぎ、水中ウォークを更に30分、犬の散歩を30分の運動を継続しています。

独りでダイエットするより、楽しんで出来る。そして、わたくしから新たな提案をして見ました。11月末のダイエットレースが終わった後、引き続き「リバウンドレース」をしましょうと。減量も難しいのだがそれ以上に難しいのが、リバウンドしないこと。レース仲間は太ったり痩せたりの繰り返しで皆痩せにくい身体になってしまったメンバー達。人間臭いといえばイイのですが、健康面での心配もありますのではやり適正体重へ近づく事は必須。生涯、愉快な仲間に囲まれて、美しく健康でいたいものです。
[PR]
by kaori40712007 | 2012-10-23 08:41 | | Comments(2)
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite