マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

読書する人♪

一心不乱に物読む人は美しい。
e0233614_19192976.jpg


写真はカリフォルニア州のボディというゴーストタウンにて撮影したものです。

e0233614_19221179.jpg


彼らは微動だにせず、こちらの存在にも一切気付かず、文字の世界に没頭していました。

あまりに美しいのでシャッターを切ってしまいました。

e0233614_19225885.jpg


秋ですのでね、皆さんも読書に勤しんでおられるかと・・・。
[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-29 21:19 | | Comments(2)

さびれた町♪

e0233614_7513461.jpg

コロラドスプリングスの観光地から遠ざかると、とたんに、街は人影が無くなり寂しくなる。
e0233614_9104833.jpg

日曜だというの人っ子一人ない。


e0233614_9112936.jpg

ゴーストタウンだよ、ここは。

大型スーパーも病院も学校も全て、廃屋になっている。

e0233614_9122583.jpg



街に人がいないというのは非常に恐ろしい感じがする。

信号の明かりだけが変化し、時折車が通るだけ・・・。

e0233614_9133510.jpg


人混みが苦手で、静かな所が大好きだと思っていたけど、そんなのウソ。

人がいて、緑ががあって、活気があるから、「静けさ」が美しいのだと気付いた。

住宅街の過半数が空き家だ。人々の慎ましやかな生活の匂いがする。

e0233614_745291.jpg


数キロ歩いて一件だけバーを見つけた。「寄って(酔って)行こうよ♪」と、夫が誘う。


e0233614_913688.jpg

[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-20 09:23 | | Comments(2)

ニューメキシコ出身のオジサンのお店♪

e0233614_8382947.jpg


コロラドスプリングスの観光地はとても賑やか。

夏の強い日差しは肌に痛く、じりじりと音をたてているようです。

e0233614_8391537.jpg


地名の通り、ところどころに泉が湧いていて、水を飲んだり身体にかけたりします、苦酸っぱい味、

身体にイイと言われていますが、普通のお水の方が美味しいわ。「美味しい」と思って飲む水の方が、

身体にイイと思うんだけれど・・・。(笑)

e0233614_8402226.jpg


店頭に可愛いオブジェがい並ぶお店、店内から素敵なギターの音色が・・・。

e0233614_8433740.jpg


ニューメキシコからやって来た店主。客がいないときはギター生演奏をしているんですって。

ネイティブアメリカンから面白い作品を買い付けて来て販売しています。

e0233614_8405520.jpg


娘たちが欲しがるものを、値段交渉して三点購入しました。旅のいい思い出です。
[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-20 08:43 | | Comments(0)

思い通りにならない男♪




どうにも昔から、「おもろい男」が好きである。

「おもろい男」とは、自分の世界をしっかり持っている男である。

何か一つの事に関して、抜きん出た才能を持っている男である。

その才能のためには、一見変態ともいえる、ひたむきさと真剣さがありエネルギーを放つ男。

少年が、砂場でお山を作っているときの、あの集中している姿とダブるかな。

もちろん、清潔で男前である事は、とても大好きな所ではあるが、それ以上に、「自分の世界」のためには、

風呂に入る事も、寝食をも忘れるくらいの男は格好いい。

そうして、この手の男達は得てして、女の「思い通り」にはならない。

女のご機嫌取りのヤサ男より、よっぽどサックリしていて刺激的である。


女たちは、この手の男たちを、デリカシーが無いなどと言ってはいけない。

手のひらの上で転がしてあげるほどの、大らかさがあるといいのだろう。

生きる事はこの上もなく愉しい。

なぜなら、周りにそういうひたむきで「おもろい男」がいっぱいいるからだ。

何も特別な場所で生きていなくても、ちょっと見まわしてみれば、「おもろい男」はごろごろ転がっている、

なんて、既婚者が言ってはダメかな(笑)。


[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-19 08:07 | 男と女 | Comments(0)

夏を惜しんで♪




西日本JRの単線走る、とある田舎町。

e0233614_19271464.jpg


降り立つと、稲刈り終わり、もみ殻を燃す香りが漂う。

e0233614_19404083.jpg


辺鄙な所には必要なものだけある。

e0233614_1928990.jpg


大樹と、きらきら光る美しき川。

大地に横たわり、心身ともにニュートラルな状態に開放する。

e0233614_1932291.jpg


頬に風を感じ、せせらぎに酔う。

e0233614_19324962.jpg


響き合う魂と笑い声・・・。

e0233614_8405420.jpg

そう、ここはまさに宇宙だ。
[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-17 08:42 | 自然 | Comments(0)

やんちゃぼうず♪

若き才能が弾ける♪


[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-17 07:11 | music | Comments(2)

小さい秋見つけた♪



夜風が気持ちよくて、和室に布団を敷いて窓を開け放ちて寝ます。

真夏に焼けた畳が香ばしい匂いを放ち、なんとも言えません。

夜露を含んだ風は、イグサを叩くような気配さえ感じさせます。

秋の虫の声が響きます。

「あ~、気持ちイイ♪」と、感じながら眠りに落ちるは、至福の時。



朝日を浴びた身体は、自然と6時前に目覚めます。鳥の囀りと、朝風が木々の葉っぱを揺する音で

目覚めます。めいっぱい伸びをして、朝食の用意を始めます。朝ご飯をしっかり食べて、家族を送り出

したら、後はすっかり自分の時間。

遠足の季節がやってきました。小さな秋をちらりほらりと拾い集めます。

e0233614_18996.jpg


日本の風土は贅沢です。四季折々の美しいものを、プレゼントしてくれるのですもの。

e0233614_1813689.jpg


尊き命燃やして。
[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-16 18:12 | 自然 | Comments(0)

Garden of the Gods♪

e0233614_184894.jpg


パイクスピークス山頂でもっとゆっくりしたかったけれど、4,300mを、車で急に登った者は、高山病になるので40分以内に下山しろとのこと。頭もクラクラするので、そそくさと退散した後は、インディアン居住遺跡で先人の教えを学んだ。そして、”Garden of the Gods”へ!

e0233614_110286.jpg


「神の庭」とはよく言ったもので、後ろに高くそびえるパイクスピークス山と、手前の赤岩とのコントラストがとても美しかった。

e0233614_1135615.jpg


国立公園の中を散策していると、巨大な岩にペタリペタリと人が張り付いているのが見える。

e0233614_1143763.jpg


表面が柔らかかったり湿っていてとても危険なので登らないでねというサインは無視。

e0233614_1184023.jpg


「あぶないよ~。神の庭ならぬ神の国へ行っちゃいそうよお。」

e0233614_1254627.jpg

[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-14 01:15 | | Comments(0)

京田辺市「観音寺」

日中30度を超す暑い日が続きますが、朝夕は随分と涼しくなりました。

夫とイブニングサイクリングを楽しみました。急な山を越えて、京田辺市「観音寺」へ。

e0233614_21255194.jpg


春にはこの田んぼ一面が菜の花畑となります。このブログでも4月に取り上げました。http://eddiekaori.exblog.jp/14600299/
e0233614_1626265.jpg


同じ場所とは思えないでしょ。四季を楽しめる日本に住んでいることに感謝。

e0233614_9174661.jpg


実りの秋、稲穂はまだ青いけど、もう少ししたら極上の新米が頂ける~。年中衰える事のない食欲に

さらに拍車がかかる。さ、野を越え、山を越え贅肉を落としましょう。♪

e0233614_9201234.jpg


本日は約30kmのサイクリング。その後は、サツマイモの蔓のきんぴらと五目煮豆で夫と一献傾ける。
[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-12 07:47 | 神社仏閣・仏像 | Comments(0)

ネイティヴアメリカン岩窟居住遺跡♪



e0233614_1055319.jpg


コロラドスプリングスの先住民居住遺跡「クリフデュエリングス」。

e0233614_1063196.jpg


岩盤をくりぬいて、粘土でブロックを積み上げた簡素な建築物。

e0233614_107585.jpg


アメリカ中西部の焼けつくような強い日差しでも、建物の中はヒンヤリと涼しい。

e0233614_1073735.jpg


ここで、この自然の中で、狩りをし、木の実を採取し、動植物で着物を作り人々は肌を寄せ合い生きていた。

e0233614_14342940.jpg


生きるに必要な分だけ殺生し、自然を崇め、身近な人間の事を想い、寄り添い生きていた。

e0233614_1081529.jpg


そんな人たちの想いをこの赤土は全て吸い取って、後世に訪れる者のハートを鷲掴みにする。

e0233614_1085089.jpg

[PR]
by kaori40712007 | 2011-09-11 15:06 | | Comments(0)
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite