マダムSadayacco.com

eddiekaori.exblog.jp ブログトップ

信楽の桃源郷 『ミホミュージアム』♪



滋賀県信楽の『ミホミュージアム』に、ジム友達が連れて来てくれました。

e0233614_855146.jpg


エントランスでチケットを購入すると、ミュージアムまで7,8分歩くか、巡回車に乗ってくださいとのこと。

e0233614_8561882.jpg

お天気がイイのですもの、もちろん歩きますよ。

e0233614_17572155.jpg


昔はここのしだれ桜はとても立派だったそうですが、お歳を召したそうで、迫力はありませぬ。

e0233614_17542353.jpg


全く予備知識を持たずにきたのですが、何やらトンネルが見えてきましたよ。

e0233614_8565481.jpg


吸い込まれていくような気持ちになるので、元来た道を見ましたら、現世とお別れするような気持ちになるから面白いですよ。

e0233614_856427.jpg


施工した人のブログを見ましたら、自然光を上手く反射させてトンネル内をハンナリ明るく照らすよう工夫したり、音が大きく反響しないよう穴をあけたりされたようで、普通のトンネルの様な閉塞感がないのです。

e0233614_8571777.jpg


ミュージアムが見えてきましたよ。

e0233614_17544568.jpg


美しいラジエーション!

e0233614_17545489.jpg


建物の8割が地中に埋まってるこのミュージアム。

e0233614_1755426.jpg


建物設計は、ルーヴル美術館の「ガラスのピラミッド」、ワシントンのナショナル・ギャラリー東館で有名な建築家、イオ・ミン・ペイ。

e0233614_1757440.jpg


光のプリズムが美しく、外観からは想像もつかない豊かな空間に居心地の良さは格別。

e0233614_17551526.jpg


山の向こうに見えるのはなんですか?と館員に尋ねると、韓国なまりの日本語で、「神慈秀明会の本殿でございます。」と、かえってきました。
e0233614_1756055.jpg

ここは、えらくお金持ちの宗教団体が主催する美術館なのだわね、知りませんでした。

e0233614_17554547.jpg


この日は、外国の団体客ばかりで、まるで異国に居るような錯覚を覚えましたよ。異国の言語が耳をくすぐります。

e0233614_17553461.jpg


展示品はエジプトから中国に至るまでのシルクロードのお宝の数々で、観るものを大層喜ばせてくれます。
e0233614_17564934.jpg


たった車で1時間ほどで、異国情緒たっぷりで、タイムスリップまでさせていただけた贅沢な時間でしたよ。売店もえりすぐりの良品が並んでいましたし、

e0233614_17561930.jpg


ちょっと休憩にと立ち寄ったカフェで、驚くほど美味しいサンドウィッチを頂きました。

e0233614_8562954.jpg


有機野菜をふんだんに使ったサンドには、レンコンやマイタケが入っていて、古代米のディップは、他に味わったことがない優れモノでした。

e0233614_17563097.jpg


刻々と変化する光のプリズムを愉しみながら、ゆったりと過ごし、帰りはエントランスのレストランでも食事をしようと言うことになりました。

e0233614_8572939.jpg


ある一定以上の空間を得ると人はそこに安住したくなるもの。

e0233614_856016.jpg


宿泊施設は無いのかしらねと思ってしまいましたよ。

e0233614_1834047.jpg


しっかりと2度も食事をとって、愉しい会話に花も咲き、極楽浄土でした。

e0233614_1834114.jpg


信楽の茶畑の一つが経営されるお茶屋さんで、煎じたばかりのほうじ茶ソフトクリームも頂きましたが、

e0233614_18342485.jpg


次の日体重増加はありませんでした。美味しく愉しく摂った食事は女性を太らせないのですね。信楽焼の工房にも寄り、お気に入りのマグカップを分けて頂きました。

美しいものに沢山触れることが出来、誘ってくれた友人に感謝することしきりでした。
[PR]
by kaori40712007 | 2013-04-12 22:02 | art | Comments(12)
Commented by 瑠璃☆ at 2013-04-13 06:29 x
なんて心地よい場所なんでしょ!
最初の画像から、私も惹き込まれました。
そして、ルーブルを彷彿とさせるガラスの建物。
素敵です♪
ガラスは、太陽とのコラボで刻々と違う空間が演出できるから、自然と仲良しの無機質。
展示されている物も興味あり!
私も行ったような気持ちになりました(笑)
ありがとう、マダム~

心が満たされると、体も比例して元気になるもの。
人間て、うまくできているのですよね^^
Commented by kaori40712007 at 2013-04-13 09:28
瑠璃☆ちゃん♡相変わらず早起きですね♪自然と上手く共存している人は、朝日の美味しさをよく知っているので早起きなんですよね♪仰る通り、ガラスが太陽光を上手く摂り込んで、壁や床に刻々とその模様を演出してくれて、いつまでもそこにいたい気持ちになりました。男と女も同じね、慣れ合ってしまうのでなく、刻々と心模様を変えられるととても味わい深い関係になると思うわあ。瑠璃☆ちゃんが、信楽にお立ちよりの際は是非このミュージアムを!展示品はホームページにあるのだけれど、ラピスラズリやガラス工芸は実物でないと、光る様子が伝わらないわねえ。この美術館の採光、照明技術は今まで訪れた美術館の中でも最高級だと思いましたよ。
Commented by 小悪魔☆ at 2013-04-18 11:35 x
2年前の枝下れ桜は本当に見事だったのに、今年は何だか寂しい感じだったんですね…残念(;´Д`)

それよりナニより…
ワタシはここは桜を観に行くだけだったので中に入った事がなく(笑)…
これは行かねば!!!(爆)♪

建物ごと、ロケーションごとが見事な芸術品。

ひっそりした平日に行きますわ~( ̄∀ ̄)ムフ
Commented by kaori40712007 at 2013-04-18 16:50
小悪魔☆様、デートにぴったりなミュージアムですよ♪
ただ、ひっそりしていることが少ないみたいですよ。この日はアメリカと中国とロシアの団体客が開館と共に来ていて、パーキングは観光バスでいっぱい、次の日はもっと多くの団体客が入っているとの事でした。外国人ばかりでまるでカナダのミュージアムに居るようでしたの。そして、カフェのシェフ脳ではぴか一でしたよ。絵画はありませんがラピスラズりやファラオのマスクなんて本当にぐうっと引き込まれる展示品ばかりでしたし、ぜひお薦めします。桜はがっかりするよと言われていったので初めから期待していませんでした。
Commented by オスカル at 2013-04-19 09:45 x
ここは以前から行ってみたかったミュージアムです。
やはりよかったみたいねー
うちからだと日帰りできる?くらい遠いからなかなか行けないのだけど、こうして写真で雰囲気を味わわせてもらったわ。ありがとう。
足の怪我が思いのほか長引いていて、いまは走るなということなんだなと思っています。
走る生活ばかりで失いかけた『ゆっくり美しいものを鑑賞する』ことをいま楽しんだらいいなと思っているところよ。
Commented by kaori40712007 at 2013-04-19 09:55
アラフィフの怪我は一生ものでそれなりに意味があると思っているわ。それまで生きてきた証の怪我だし、これからどう生きていけばいいかの指針よね。わたしも膝8か月大人しくしていて踊りだしたらまた痛いわ。この痛みは、心身の融合のためのお守りだと思って楽しんでいます。ミホミュージアムの次はベネッセミュージアムかな?ミュージアムは資金力で決まると思えるほどの充実ぶりでしたよ。宗教団体にはいろいろ思うところあるけれども、『美』の結集につぎ込まれるお金は必要よね。仕事でも人でも物でも、ある一定以上の美しさには元手が必要。自分が所有することが出来なくても足を運べば、千円ぽっきりで、お宝と対峙できるのですもの、感謝感謝です。「走る」のは、足だけではない。今は起業で走っているのだから、それ以上走らなくていいのよ、オスカル♪お大事にね♡
Commented by 小悪魔☆ at 2013-04-20 23:21 x
去年の桜をアップしたので、良かったら見に来てくださいませ~( ̄∀ ̄)♪

去年は比較的、綺麗でしたよ~(o^∀^o)♪
Commented by kaori40712007 at 2013-04-21 07:40
Wow! Beautiful!!!
小悪魔☆様、ほんまやねえ~、なんて美しいのでしょう!去年はあんなに綺麗だったね。ここを教えて下さった方がここ十年はがっかりなんだよと仰っていたのだけれど、その年年によって違うのかもね。わたしのために記事にアップして下さって、ありがとうございました。とても嬉しかったです。Love♪
Commented by masanori802 at 2013-04-24 15:41
お久しぶりです( ´ ▽ ` )ノ
お元気にされておりますか?
自分は、やっと花粉症から解放されて、ようやく、調子も戻ってまいりましたよ(*^^*)
こんな近くに、こんな素敵な場所があるんですね、知りませんでした。今度是非行きたくなるような雰囲気。
窓から差し込む光もアートに見えて、素晴らしいと思いました。
今度是非、足を運んでみようと思いました。
抹茶のアイスクリームは、美味しかったですか⁇
こういった自然の中での食べるアイスクリームもまた格別なんでしょうね。
四季折々の楽しみかたもできそうなので、またいってみます。
ブログも楽しみにしてま~す>_<

Commented by kaori40712007 at 2013-04-24 17:44
masanoriさま♪
コメントありがとうございます。辛い花粉症も随分と治まってきたようで何よりです。パワー全開ですね♪
そうなんですよ、光のアートを楽しめましたし、日常からかけ離れた空間と言うのは心身ともにリフレッシュさせてくれるようで必要不可欠です。いつもいろんなことにときめいていたいと思いますね。masanoriさまのお仕事にもときめきや、綺麗なものに感動することがとても大切な事だと思います。山登りも浄化や「気」の強めにとてもいいと思いますしね。
是非ここへもお出かけくださいませね♪
Commented by 原登志子 at 2017-01-08 22:49 x
これって宗教なんですか?かなり疑わしいですね・・・
カルト教団ではないですか?
Commented by kaori40712007 at 2017-01-09 10:39
カルトなのですか?
この教団の教義には興味なく、収蔵品に惹かれただけです。美しかったですよ。
line

楽しい日々♪


by マダムSadayacco
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite